初診日ついて

質問

先日、障害年金を申請したいと思い、年金事務所に相談に行きました。

そうすると年金相談員の方から「まずは、現在のご自身の病気の初診日を教えて頂けますでしょうか?」と言われました。
初診日とは今、通院している病院の初診日をお伝えすればよろしいのでしょうか?

ちなみに私は、現在患っている病気は結婚する前に発症したもので、結婚後は住所が変わっているので、病院は3回変わっています。

答え

いきなり、初診日と言われても分かりづらいですよね。

少し、分かりやすく具体例をあげて説明いたしますね。

ちなみに障害年金の初診日とは一言で言えば、「申請する傷病に関して、初めて病院に行って診察を受けた日」を指します。

ある精神疾患の方のお話です。

**************************************************************************

ある日、抑うつ気味で体調が悪かったために近くの内科に診察をしてもらいにいった人がいたとします。
その人は内科で診察をしてもらった結果、これは神経性のものだから、心療内科に行った方がいいよと言われました。
その後、症状が悪化し、障害年金を申請しようと考えています。

**************************************************************************

この方の場合の初診日は内科で診察を受けた日になります。

つまり、申請する傷病のきっかけとなった症状に関して、最初に診察を受けた日が初診日となるのです。

初診日は、障害年金の申請にあたって、障害年金を受ける資格があるか?もらえるとしたら障害厚生年金か?それとも障害基礎年金か?また、いつから障害年金をもらう権利が発生するかが決まるとても重要な日なのです。

この初診日について、よく分からないという方は多摩・八王子障害年金相談センターで定期的に開催している無料相談会でも説明しております。

お気軽にお声掛けください。