うつ病で障害厚生年金2級を受給した事例

概要

40代 男性

病名:うつ病

結果:障害厚生年金2級

依頼者の状況

Sさんは現在48歳で会社の上司からパワハラを受け、その後、抑うつ状態が続き会社を休みがちになりました。その様子を見て家族が病院の受診を勧めたため、病院に行き受診した結果、うつ病と診断されました。その後、2年以上治療を続け、服薬しながら治療を続けましたが、症状は回復せず復職の見込みが立っていない状態です。
そのような日々を過ごす中で、知り合いから障害年金の制度を教えてもらい、自分でも受給できる可能性があるかどうか知りたいと思い、多摩・八王子 障害年金相談センターに相談しました。

受任から受給まで

相談者の依頼を受けて、ご本人と面談し症状をヒヤリングした結果、うつ病を発症してから抑うつ状態が酷く、一日の大半を屋内で過ごしていたため、外出や病院に行くことが一人で困難な状態でした。

また、パワハラを受けた後遺症として、対人恐怖症になり人と接することが億劫になったため家族以外の人と上手くコミュニケーションをとることができない状態です。
そのような病状を伺い、医師から就労を止められていることや周囲の人間の一定の援助がないと日常生活を過ごすことが困難なものと判断したため書類を揃えて申請した結果、障害厚生年金2級を受給するに至りました。

うつ病・精神疾患の最新記事

受給事例の最新記事