発達障害で障害厚生年金3級を受給した事例

概要

30代 女性

病名:発達障害

結果:障害厚生年金3級

依頼者の状況

Tさんは、現在35歳で幼少期から自分の予定通りにならないと感情が不安定になり何かに八つ当たりしていました。

その後成長して社会人になり仕事をするようになると、人との会話についていけない時があったり、発言内容によっては自分勝手と思われたり、人に誤解を受けやすくなり仕事が長続きしませんでした。

そのため一度病院に行き診察を受けた結果、医師より「発達障害」と診断されました。

その後も人と上手くコミュニケーションを取ることができず何回も会社を転々としていたため親の経済的援助がないと生活することが難しい状況の日々を過ごしていました。

しかし、その親も高齢のため近々会社を退職することになり自立して生活せざるを得なくなったため、インターネットで経済的支援を受けられる制度を探していた際に障害年金の制度を知りました。

そして自分の症状でも障害年金の申請ができるのかどうか相談したいと思い、多摩・八王子障害年金相談センターに問い合わせしました。

受任から受給まで

相談者の依頼を受けて面談しヒヤリングした結果、Tさんは生まれつき物覚えが悪く幼少期から忘れ物が酷かったとのことでした。

また、優先順位をつけることが苦手で、優先順位をつけていたとしても緊張したりすると突然頭が真っ白になりできなくなるとのことでした。

そのため仕事上でも特に対人関係に苦労しており、上手く職場の同僚とコミュニケーションがとることができないため仕事が長続きせず、安定した社会生活を送ることができなかったため、発達障害により就労生活に一定の支障をきたしているものと判断したため書類を揃えて申請した結果、障害厚生年金3級を受給するに至りました。

うつ病・精神疾患の最新記事

受給事例の最新記事