てんかんで障害基礎年金2級を受給した事例

概要

20代 男性
病名:てんかん
結果:障害基礎年金2級

依頼者の状況

Mさんは、現在25歳で、幼少期にてんかんを発症し以後、病院で治療を続けておりました。

病院で処方された薬を服薬するも意識を失う発作が年に2~3回ほどあり、大学を卒業して就職するも職場で倒れたりして仕事を辞めなければならず、仕事が安定することができませんでした。

金銭的に困っている中で、市役所に相談したところ障害年金制度のことを知り、自分でも障害年金の申請ができるのかどうかを相談したく多摩・八王子障害年金相談センターに相談することにしました。

受任から受給まで

相談者と面談しヒヤリングした結果、脳波検査で、てんかん発作を起こす波が出ていたり、意識を失う発作を年に2~3回は起こしていることからも障害年金を受給できる可能性がある旨を伝え、申請書類を揃えて提出した結果、障害基礎年金2級を受給するに至りました。

うつ病・精神疾患の最新記事

受給事例の最新記事