低酸素脳症で障害厚生年金1級を受給した事例

概要

40代 男性

病名:低酸素脳症

結果:障害厚生年金1級

依頼者の状況

Tさんは現在45歳で、2年ほど前に職場で作業車を運転中に突然気分が悪くなっためオフィスにいた上司に電話連絡しました。連絡後直ぐに上司が現場に駆け付けましたが既に本人は意識がない状態であり救急要請となりました。その後、救急車内で心肺停止状態となり救急搬送されました。救急搬送後は、主治医から「低酸素脳症」と診断され心拍再開はしたものの意識が回復せず入院治療となり、気管切開による人工呼吸器管理及び経管栄養を行いながら治療に努めております。しかしながら、その後も症状は改善されず、本人は全く意識を回復しておらず主治医からも意識回復の可能性は低いと言われております。

治療期間が長引くにつれて治療費の負担が増えてきたため、実兄が何か救済制度はないかと思いポストに障害年金の無料説明会のチラシを見て、受給できるのではないかと思い多摩・八王子障害年金相談センターに問い合わせをしました。

受任から受給まで

ご家族と面談しヒヤリングした結果、現在も病院にて気管切開による人工呼吸器管理及び経管栄養を行いながら治療に努めているものの症状は全く改善されず、本人は意識を回復していないため治療は難航しており主治医も遷延性意識障害を認めていることから日常生活に大きく支障をきたしているものと判断できたため障害年金の受給できる可能性がある旨を伝え、書類を揃えて申請した結果、障害厚生年金1級を受給するに至りました。

 

受給事例の最新記事

肢体の障害の最新記事