脳出血で障害厚生年金2級を受給した事例

概要

40代 男性
病名:脳出血
結果:障害厚生年金2級

依頼者の状況

Mさんは、現在46歳で仕事帰りに原因不明の脳出血を発症し路上に倒れ、救急搬送されました。

搬送先で、入院治療を行いましたが、右半身の感覚障害及び筋力・持久力が低下してしまい自力で歩行することが難しくなってしまいました。その後、リハビリ施設で治療を続けましたが、右半身に後遺症が出てしまい職場には復帰したものの発症前の仕事には従事することができなくなりました。

悩んでいたところ主治医から障害年金の申請を勧められたため障害年金の専門である社会保険労務士に申請をお願いしようと思い、多摩・八王子障害年金相談センターに問い合わせしました。

受任から受給まで

相談の依頼を受けて面談しヒヤリングした結果、右半身の機能に後遺症が残ってしまったため、杖を使わないと歩行することができず、利き手の機能が制限されているため文字を書くことなどの基本的な日常生活能力が損なわれているものと判断したため書類を揃えて申請した結果、障害厚生年金2級を受給するに至りました。

受給事例の最新記事

脳疾患・心疾患の最新記事