脳梗塞による機能障害で障害厚生年金2級を受給した事例

概要

50代 男性
病名:脳梗塞による機能障害
結果:障害厚生年金2級

依頼者の状況

Mさんは、現在57歳で、日中に突然、脳梗塞を発症し意識を失い倒れてしまい救急搬送されました。病院で治療を受けた結果、意識は回復したものの右半身が麻痺してしまい、自力で歩くことや右手がうまく使えなくなってしまいました。
また言語障害も残り相手に自分の意思を伝えることが困難になり、現在は奥様の介護に頼っている状態です。

そのため病院の主治医から障害年金の受給を勧められたため、夫の代わりに奥様が夫の病状で障害年金の申請ができるのかどうかを相談したく多摩・八王子障害年金相談センターに相談にきました。

受任から受給まで

請求者である夫の代わりに奥様から内容をヒヤリングした結果、右半身が麻痺していることから仕事はもちろん奥様の援助なしに日常生活を過ごすことができない状態であったため、障害年金の受給できる可能性がある旨を伝え、申請書類を揃えて提出した結果、障害厚生年金2級を受給するに至りました。

受給事例の最新記事

脳疾患・心疾患の最新記事