障害手当金の受給要件について

質問

先日、脳梗塞で倒れて救急搬送され治療に努めた結果、大事には至りませんでしたが左足に麻痺が残ってしまい、足を軽く引きずりながらしか歩けなくなりました。

障害年金の対象にならないかと思い、先日年金事務所に相談したら厚生年金加入中の障害の傷病の程度が軽い場合、障害年金ではなく障害手当金という一時金の対象になる可能性があると聞きましたが、障害手当金とはいったいどのような制度なのでしょうか。

答え

障害手当金とは、病気やケガで障害者となった際に障害の程度が軽い場合に一時金としてもらえる制度のことです。これは障害厚生年金制度にのみある制度になります。ですので、初診日に国民年金加入中であった方は支給の対象となりませんのでご注意ください。

この障害手当金の受給できるかどうかに関しては、次の5つの要件に該当するかどうかで決まります。

1.厚生年金保険の加入中に初診日があること

原則として、初診日時点において厚生年金保険に加入している必要があります。

つまり、会社勤めのサラリーマンや公務員の方、パート・アルバイトの方で厚生年金に加入されている方が、勤めている間に初めて受診した病気やケガが対象となります。

2.初診日から5年経過の間にその病気やケガが治っていること

初診日から5年経過しても完治しない病気やケガについてはこの障害手当金は請求することができません。病気やケガが治った場合にのみ、請求することができます。

3.病気やケガが治った時に一定の障害の状態にあること

障害手当金がもらえるかどうかは、治った状態次第で決まります。

つまり、障害認定基準の障害手当金に該当する程度の症状かどうかということが判断基準となるわけです。

4.一定期間以上の保険料納付があること

初診日の前々月まで年金加入期間(被保険者期間)のうち、滞納期間が3分の1未満ならば、障害手当金の請求ができます。

5.病気やケガが治ってから5年以内に請求すること

障害手当金についても、他の制度と同様に、自分自身で請求しないと受給することはできません。

年金ではないので継続的に受給することはできませんが、一時金とはいえ金額でいえば100万円以上なので、対象の可能性がある方は申請することをお勧めいたします。

よくある質問の最新記事