変形性肢関節症で障害厚生年金3級を受給した事例

概要

50代 女性
病名:変形性肢関節症
結果:障害厚生年金3級

依頼者の状況

Fさんは、現在55歳で脚の付け根や膝の上部のこわばりや重い感じがあり、歩行には軽い痛みがあったものの、一晩寝ると消えてしまう程度だったので気にせず日々を過ごしていました。

しかし、次第に歩き始めや長時間の歩行、階段の昇降で痛みが酷くなっていったため、自宅近くの病院を受診したところ、主治医から変形性股関節症であると診断されました。

その後、保存治療を行いましたが、症状が思った以上に進行していたため、人工股関節の置換術を施行しました。市役所の国民年金の窓口に相談したところ、障害年金の申請を勧められたため、多摩・八王子障害年金相談センターに電話の問い合わせがあり面談することになりました。

受任から受給まで

相談者と面談し、お話を伺ったところ、日常生活はもちろんのこと股関節の痛みがひどく適切な職場がないため就労が難しい状態であるとのことでした。

また初診日は厚生年金加入中であり、人工股関節置換術が障害認定基準である一下肢の3大関節1関節以上に人工関節をそう入置換したもので認定基準を満たしていたため、障害年金を申請した結果、障害厚生年金3級を受給するに至りました。

肢体の障害の最新記事