糖尿病で障害厚生年金2級を受給した事例

概要

50代 男性
病名:糖尿病
結果:障害厚生年金2級

依頼者の状況

Oさんは、現在51歳で以前から体調不良が続いており、全身に倦怠感、頻尿、手足のしびれがありました。

 近所の総合病院に行って、一度診てもらおうと病院に行き検査をしたところ、空腹時の血糖値が高く糖尿病と診断されました。

糖尿病と診断された後、3年間、病院に通院し続け投薬治療、食事療法をしていましたが腎不全が進行してしまい、この度人工透析を導入する事となりました。

現在は週に4回,1回3時間の人工透析を行なっています。

人口透析により日中の勤務時間が減ってしまい、生活面が厳しくなったため、障害年金を申請したいと考え、多摩・八王子障害年金相談センターへ相談に来ました。

受任から受給まで

内容をヒヤリングして、仕事が忙しい為、体調が悪い中で、無理をして仕事を続けた結果、病院になかなか受診することができなかったり、症状を反って悪くしてしまうことなど相談者様の状況を「病歴・就労状況等申立書」にしっかりと記載して、障害年金を申請した結果、障害厚生年金2級並びに障害基礎年金2級を受給することができました。

 

腎疾患・人工透析の最新記事