脳疾患・心疾患

脳出血で障害厚生年金2級を受給した事例

概要 40代 男性 病名:脳出血 結果:障害厚生年金2級 依頼者の状況 Mさんは、現在46歳で仕事帰りに原因不明の脳出血を発症し路上に倒れ、救急搬送されました。 搬送先で、入院治療を行いましたが、右半身の感覚障害及び筋力・持久力が低下してしまい自力で歩行することが難しくなってしまいました。その後、リハビリ施設で治療を続けましたが、右半身に後遺症が出てしまい職場には復帰したものの発症
続きを読む >>

脳梗塞による機能障害で障害厚生年金2級を受給した事例

概要 50代 男性 病名:脳梗塞による機能障害 結果:障害厚生年金2級 依頼者の状況 Mさんは、現在57歳で、日中に突然、脳梗塞を発症し意識を失い倒れてしまい救急搬送されました。病院で治療を受けた結果、意識は回復したものの右半身が麻痺してしまい、自力で歩くことや右手がうまく使えなくなってしまいました。 また言語障害も残り相手に自分の意思を伝えることが困難になり、現在は奥様の介護に頼
続きを読む >>

心室細動で障害厚生年金3級を受給した事例

概要40代 男性病名:心室細動結果:障害厚生年金3級依頼者の状況Mさんは、現在49歳で以前から心臓が弱く、長時間歩くと心臓の動悸や息切れ等が頻繁に起こるようになりました。ある日の勤務時間で歩いてお客様の会社に向かって歩いている際に歩道で卒倒しました。偶然近くを通りかかった救命医が心臓マッサージの処置を行った後に近くの救命救急センターへ搬送れました。治療を受け診断の結果、心室細動と診断され入院治療を
続きを読む >>