がん

子宮頸がん転移による歩行障害で障害基礎年金2級を受給した事例

概要 30代 女性 病名:子宮頸がん転移による歩行障害 結果:障害基礎年金2級 依頼者の状況 Aさんは、現在38歳で、平成24年の子宮頸がんからの転移により、平成26年2月に右股関節の人工骨頭及び周辺組織の除去手術を行いました。 その後、手術の後遺症により歩行が困難になり、また左足全体の浮腫が酷くなり外出がかなり難しくなりました。 何か救済制度はないかと思い周囲に相談した結果、親
続きを読む >>

直腸がんによる機能障害で障害厚生年金3級を受給した事例

概要 30代 男性 病名:直腸がんによる機能障害(人工肛門造設) 結果:障害厚生年金3級 依頼者の状況 Oさんは、現在32歳で、1年ほど前に会社の健康診断で貧血が酷く要受診の指摘を受けました。そのため病院に行き検査を受けた結果、原因不明の直腸がんであることが判明しました。 その後、検査設備のある総合病院に転院し精密検査を受けた結果、肝臓まで転移していることが判明したため、がんの
続きを読む >>

多発性骨髄腫で障害厚生年金2級を受給した事例

概要 50代 女性 病名:多発性骨髄腫 結果:障害厚生年金2級 依頼者の状況 Hさんは、現在58歳で、3年ほど前から腰痛が酷く自宅近くの整形外科を受診し治療に努めていました。しかし治療に努めるものの痛みが繰り返し起こるようになり、今年の夏に突然、痛みに激しく襲われて救急搬送されました。そして搬送先の病院で入院治療した結果、多発性骨髄腫と診断されました。1ヶ月程、入院し退院して自宅へ戻
続きを読む >>

胃がんで障害厚生年金1級を受給した事例

概要 30代 男性 病名:胃がん 結果:障害厚生年金1級 依頼者の状況 Iさんは、現在38歳で、食欲不振や吐き気などを感じることはあったので、自宅近くの総合病院で処方された薬を服用していたものの日を追うごとに胃のむかつきが無視できないほどになっていたところ、休日に吐血してしまいました。 かかりつけの病院に行ったところ直ぐに検査することになり、余命3ヶ月の末期の胃がんと診断されました。そ
続きを読む >>