受給事例

気管支喘息で障害基礎年金2級を受給した事例

概要 40代 女性 病名:気管支喘息 結果:障害基礎年金2級 依頼者の状況 Sさんは現在48歳で、30代後半から徐々に呼吸が浅くなってきてしまい、その後2、3年経っても症状が改善されなかったため、自宅近くの病院を受診し精密検査を受けた結果、気管支喘息と診断されました。その後、現在に至るまで毎日朝と夕方、合計4回ステロイド薬であるフルタイドの吸入を行いながら服薬療法を続けております。 症
続きを読む >>

自閉症スペクトラムで障害基礎年金2級を受給した事例

概要 50代 女性 病名:自閉症スペクトラム 結果:障害基礎年金2級 依頼者の状況 Uさんは、現在53歳で幼少期から物事を忘れやすく人の名前をなかなか覚えられませんでした。 そのため友人ができにくく学生生活において孤立しがちな日々を過ごしていましたが、特に身体面や精神面に大きな問題が起きたわけでもなかったため、病院には通院せず日常生活をおくってきました。 しかしながら平成25年春にパ
続きを読む >>

線維筋痛症で障害厚生年金3級を受給した事例

概要 30代 女性 病名:線維筋痛症 結果:障害厚生年金3級 依頼者の状況 Kさんは現在32歳で、5年ほど前から急に頭痛や顔面痛、上半身の痛みが酷くなりました。 その後、治療のために何か所か病院を受診しましたが、原因が分からず薬も処方されなかったため市販薬で痛みをごまかしながら耐えていました。 しかしその後は病状が悪化し、痺れや腹痛、耳鳴りなど全身に痛みが広がり、家事や育児が困難にな
続きを読む >>

脳出血で障害厚生年金2級を受給した事例

概要 40代 男性 病名:脳出血 結果:障害厚生年金2級 依頼者の状況 Mさんは、現在46歳で仕事帰りに原因不明の脳出血を発症し路上に倒れ、救急搬送されました。 搬送先で、入院治療を行いましたが、右半身の感覚障害及び筋力・持久力が低下してしまい自力で歩行することが難しくなってしまいました。その後、リハビリ施設で治療を続けましたが、右半身に後遺症が出てしまい職場には復帰したものの発症
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級を受給した事例

概要 30代 女性 病名:うつ病 結果:障害厚生年金2級 依頼者の状況 Sさんは現在32歳で、仕事で営業成績を残すことができずにいたため職場の上司からパワハラまがいの強い叱責を受け続けた結果、仕事中に吐き気や突然仕事が手につかなくなる等の症状が起きるようになりました。 その後、身体が心配になり近所の精神科に診てもらった結果、うつ病と診断されました。 2年程通院はしたものの症状的に
続きを読む >>

アイザックス症候群で障害厚生年金3級を受給した事例

概要 20代 男性 病名:アイザックス症候群 結果:障害厚生年金3級 依頼者の状況 Uさんは、現在28歳で友人と旅行中に友人が運転する車に同乗している際に暴走してきた自動車に追突されて首を強く痛めてしまいました。その後、下痢や吐き気が続いたため病院に通院し精密検査を行った結果、両手の筋肉を使うと痛みが走る症状が見られたため、医師よりアイザックス症候群と診断されました。現在は、両手に障害が
続きを読む >>

子宮頸がん転移による歩行障害で障害基礎年金2級を受給した事例

概要 30代 女性 病名:子宮頸がん転移による歩行障害 結果:障害基礎年金2級 依頼者の状況 Aさんは、現在38歳で、平成24年の子宮頸がんからの転移により、平成26年2月に右股関節の人工骨頭及び周辺組織の除去手術を行いました。 その後、手術の後遺症により歩行が困難になり、また左足全体の浮腫が酷くなり外出がかなり難しくなりました。 何か救済制度はないかと思い周囲に相談した結果、親
続きを読む >>

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給した事例

概要 50代 女性 病名:広汎性発達障害 結果:障害基礎年金2級 依頼者の状況 Kさんは、現在54歳で、30代まで親戚の会社で働いており周囲の理解があったため全く気がつきませんでしたが、40歳を過ぎて一般の会社で正社員、派遣社員として働きましたが職場の人間とコミュニケーションが上手く取れず会社都合で数回にわたり退職しました。 そのため身体の事が心配になり病院に行き精密検査の結果、45歳
続きを読む >>

直腸がんによる機能障害で障害厚生年金3級を受給した事例

概要 30代 男性 病名:直腸がんによる機能障害(人工肛門造設) 結果:障害厚生年金3級 依頼者の状況 Oさんは、現在32歳で、1年ほど前に会社の健康診断で貧血が酷く要受診の指摘を受けました。そのため病院に行き検査を受けた結果、原因不明の直腸がんであることが判明しました。 その後、検査設備のある総合病院に転院し精密検査を受けた結果、肝臓まで転移していることが判明したため、がんの
続きを読む >>

筋強直性ジストロフィーで障害基礎年金2級を受給した事例

概要 40代 女性 病名:筋強直性ジストロフィー 結果:障害基礎年金2級 依頼者の状況 Hさんは、現在49歳で、30代に入り出産後につま先で棚の上にある物を取ろうとしたら突然足に激しい痛みを感じました。 最初は足を挫いたものだと思い、特に病院には行きませんでしたが年数が経過するにつれて身体の全身に痛みが走るようになると共に血圧が急激に下がったりするなど体調が徐々に悪くなり外出す
続きを読む >>

<< 前の記事を見る